2018.06.11

それまで順調にいっていた面接も、会社を辞めいようと思った動機はなんですかという質問で、印象良く進んでいた雰囲気も気まずいことになりかねない。よく質問される、受けた理由は、辞めた(辞められる)理由は、どんな仕事をしたいは事前にわかってはいるが不用意に答えて「このたびは縁がなかったことに」ということにならないようにするは

やめた理由、もしくはやめる理由をお聞かせいただけますか?
という質問に対して答え方によって面接者への印象はぐっと変わってきます。
ネガティブな理由は良くないということをみなさんご存知みたいで、
例えば上司と性格や意見が合わなくてとか
自分ではやっているつもりだが上司の評価が厳しいとか
人間関係での転生理由は避けて、別の理由をあげてこられます。

ところが突き進めていくと、どこかで綻びが出てくるみたいで
あれ?先程の理由と今言った理由はつじつまが合わないね。
どうして?ということになります。

つまり、作り上げたストーリではどこかで本音として考えてないから
矛盾が出てくることになります。
採用対象として関心の高い方に対して面接官は
興味をもって矢継ぎ早に質問してきますから、適当に応えていると
整合性がとれなくなり、うまくいっていた面接も急におかしな雰囲気に
なったりします。

本来いいものをもっていて、1次、2次とトントン拍子で進んで最後の確認で
どじってしまい、確認作業の筈なのにどうしてと逆に人事がうろたえるケースもあります。

それぞれの質問に対しての受け答えを練習するのはいいことですが、自身の
やりたいこと、やれることを含めて棚卸して整理していかないと往々にして
このような状況に陥ります。

まずは、なんで辞めたのか、やめるのか。これからどうしていきたいのか。
それらのことを文章にまとめて整理してみるのもひとつの手です。
意外と文章に落としこんだものを読んでみると、何か変だったり、説得力がなかったり
するものです。

ネガティブな理由は避ける。
と言いましたが、それが本当の理由で周りが納得するものであれば
あえてそのことを避ける必要もないし正直に話せば相手も納得してくれるかもしれません。
むしろそれらの理由を正々堂々とあげて、あえてそうだからどうしたいのかという
大きな視点から考えをまとめていけばどうでしょう

例えば

上司・同僚と合わない
    →周囲と協調しながら大きな目標に取り組みたい
仕事が合わない
    →自分の希望に合った活躍の場を求めたい
仕事が忙しい
    →スキルアップのための学びができる環境で働きたい
給料が安い
    →自分の能力をフルに発揮し、正当に評価されたい

エージェントはこのようなケースでたくさんの相談を受けているので
気軽に聞いてみてはいかがでしょう。
人間関係や合う合わないというのはどこの会社でもあることですから
話を聞いているうちに「それはしかたない」理解を得られ意外とそのことが
アピールポイントとなるかもしれません。