2017.12.18

資料:経済産業省「社会人基礎力に関する研究会-中間 取りまとめ-

不採用の理由というのはなかなか本音では語らない企業がほとんど。特に消費に影響する会社では自社商品のイメージダウンになることを考えて差し障りのないコメントになる。そこで不採用になった理由を担当者に聞いてみた。本音としてはどうなのか?

受け答えが浅いということはどういうことか?

 ある応募者は受け答えや見た目の印象も爽やかで印象としては良かったのですが、受け答えの内容が浅く、表面的なコメントに終始していました。仕事上深く掘り下げることが求められる弊社の仕事ではこの方は採用しても厳しいというこということになりこ残念ながら不採用としました。
 また別の高学歴な応募者は質問に対して自分がいままで得た知識の中でどのように回答すればベストか一生懸命考えている様子が手にとるように分かりました。こういう方は過去の経験からどのように答えを導きだせばいいかを考える修正が身についています。残念ながらこの方も不採用となりました。

 弊社のビジネスでは前例のない課題や難しい課題が投げかけられてくる場面が多々あります。その場で答えを無理に導き出すのではなく考え抜いてどのようにしたらお客様の利益に結びつくのか追求していく姿勢が常に求められます。場合によってはその場で答えを導き出せないこともありで、とことん考え抜くことがその人に思考として根付いているかを見ています。

考える習慣は10歳までに決まる?

 「わが子をメシの食える大人に育てる」の著者はこう語っています。小学生のお子さんが算数の問題をじっと見ている。考えているのと思っていたらいきなり「ねぇお母さん、この問題足し算でやるの?引き算でやるの?」いきなりやり方を求めてくる。親も即座に対応してやり方を教える。つまり早く答えを導き出す習慣がこの頃から根付いて、早く答えを求める習性で中学、高校、大学へ。このような環境で育った子は、問題=早く回答するということを疑いもせずに考えるということを放棄して育て行く事になる。

 著書よると10歳頃(小学校4年生ごろ)までに深く考える習慣があるか子供に育つかが決まってしまうらしい。(笑)メシを食っていくために欠かせない基礎力として5つのことをあげている。①ことばの力、②自分で考える力、③思い浮かべる力、④試そうとする力、⑤やりぬく力

 また文科省が提唱している「社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力」では
①基礎学力(読み、書き、算数、基本ITスキル)
②社会人基礎力(コミュニケーション、実行力、積極性)
③専門知識(仕事に必要な知識や資格)
上記3つの指針を掲げ人間性、基本的な生活習慣として、思いやり、公共心、倫理観、基礎的なマナー、身の回りのことを自分でしっかりやる習慣をみにけていくことを目的として、それぞれの能力の育成については小・中学校段階では基礎学力が重視され、高等教育段階では専門知識が重視されるなど成長段階に応じた対応が必要としている。

 ここまでのことをまとめると、社会人基礎力は小・中で決まるという。それでは身に付くことなく育ってきた人にとっては身も蓋もない話になる。小さい頃から基礎学力や社会人力が身についていれば苦労することなく社会や仕事にスムーズに溶け込んでこなしていけるということ。それが身についていない、社会で苦労することになる?解決策としては基礎力が不足しているということを自覚し仕事の経験を通じて専門知識や高めていくことでそのハンディを少しでもカバーするという意識を持つことが大事らしい。最初に話題に戻すと、そのことによっていままで見えなかった選考基準において自分に何が不足していたのかを掴めるヒントになるかもしれないという話。

福岡に特化した就活・転職専門の人材紹介会社ワークスタイル