2017.06.13

面接では思い通りの仕事、待遇だと理解して入社すると聞いていた内容と違うという相談をたまに舞い込む。求人内容を見て希望する仕事内容だったので応募して見たが、面接で説明を受けた仕事内容と違う。残業も1〜2時間と聞いていたが毎日終電近くまである。しかもサービス残業として扱われ超勤手当が出ない。一体どうなっているのか?

職場の雰囲気を感じ取る感性

 公共の求人広告を見て聞いていた内容と違うというのはたまに聞くが、紹介会社を通じて入社して条件が違うというのは最初間違いではないかと思っていた。でもよくよく聞いてみると確かに職業紹介を通じて入ったという。内容の食い違いについてはどちらが間違っているとは言わないがおおよそ次のような問題が浮かびあがってくる。

 バブル期の人手不足の状況や、昨今の極端な人手不足により人事の採用ノルマは営業以上に厳しいものがある。自社へ入社させるかということが目的化して何人入社させたかということが人事としての評価につながるのだから会社の将来への人的投資ということは何処へやら、頭数を確保することに意識がいってしまっている。

 それが人気の職種で釣るという昔からある常套手段、就業形態についても当たり障りの心地良い待遇であるということを伝えて面接者の関心を魅くことに勢力を使っている。こうなってくると可哀想なのは面接者でせっかく縁あって入社したものの(こういう場合は騙された)気付いたらあれだけ避けていたブラック企業的なところへ入っていたいう事実に愕然とすることになる。

 このようなケースの場合、紹介した会社がこのような内容について事前に知っていたのか、それとも依頼会社が隠していたのかということになってくる。しかし働いている本人にとってはそのようなことはどうでも良いらしい。騙されたという気持ちはあっても、そんなことよりも早くその環境から抜け出したいという気落ちが最優先であるみたいで、その会社が3社目、4社目であれば次への転職を躊躇する人もいる。いわゆる退職社数が増えることにより次への転職が不利になるという懸念が頭をよぎる。

応募する会社の情報は面接だけでない

 しかしここで考えたいのは数社の転職経験があるのに起きたという事実。新卒ならご愛嬌で済まされる話かもしれないが、社会経験を積んできた者がこのタイミングで何故?という脇の甘さを指摘されるかもしれない。今までの社会経験を通じてそのような会社をみる目を鍛えてきたのではなかったのかということを問われても決して同情はしてくれないのではないか。

 であれば面接だけではなく職場を何気なく訪問して何時頃まで明かりがついているのか、退社する時間帯は?受付や通路ですれ違うスタッフの顔色や応対など面接会社を知る術はいくらでもある。本気で次の仕事探しに賭ける気持であればこれくらいの時間と手間をかけて応募する会社には挑みたいもの。

      
 
 
福岡に特化した就活・転職の人材紹介 ワークスタイル